【初心者さん必見】海外FXを始める前に押さえておくべきことまとめ

【初心者さん必見】海外FXを始める前に押さえておくべきことまとめの画像

海外と国内でどう違う?

海外と国内でどう違う?の画像

海外FXの特徴

海外FXの特徴は海外への送金手続きに、まず面倒さが加わる点があります。

海外送金というのは安全にしなくてはならないのですが、これを回避するためにクレジットカードで送金するといういわば、キャッシングに近いようなショッピングクレジットの機能を使います。

これが、クレジット対応している海外FXとそうでないところがあり、送金手続きが煩雑になる銀行送金に関しても電子マネー系の装備が必要になるのは当然と言えるでしょう。

そして、国内送金に関してはタイムラグが少ない仕組みとしてあるのに対し、海外の送金手数料がまたネックとなってしまう問題が有ります。

ライセンス的には低いレベルで対応するものもあるのですが、ライセンスのレベルが低いという点で、FX会社の安定性にかけるという話もあります。
ですので、信頼度を強調するのであれば国内FXという話になります。

海外のFXではスプレッド幅を最小限に食い止めるサービスもありますし、またロスカット値を大幅にダウンしたものもあります。

安全上にはやはりメインで使用するには難しいと言った声もあります。

国内FXの特徴

国内FXは送金手続きがまず容易である点が強調されます。
これは株式を扱う銀行系がそのFX事業に乗り出していることもあり、送金先口座が明快で、かならず自分名義のものであることが、重要な事とされています。

ですので、送金後のFX口座の内容がしっかりしている点では、断然国内FXのほうが、安定性の高い取引ができるのが良いことでしょう。

それに銀行間送金に関しても日本の各銀行系は、その信用取引で世界的に信用度マークされていますので、安全な資金運用がされることは間違いなしです。

国内送金では、しっかりとした時間指定分のものはルール通りにされますので、計画的なFX投機マネーの運用もできる形になります。安心・安全であれば、断然国内FXのほうにすべきになります。

ただし、国内FXはロスカット値が高めのパーセンテージに設定されていますので、難局になるとそのまま投機マネーが無くなってしまうこともあります。
ただこれは、それを安全対策と見れば良い事になります。

海外FXのリスク

海外FXのリスクのセクション画像

海外FXの志向性

海外FXの志向性というのは2つに分かれます。
これは投機という儲け見込みのためにやるFXがあり、もう一つは国際貿易の観点から大口取引を狙ったものとしてのFXです。

投機目的のものになると、ゼロカット方式を採用していたり、その安全対策にも不備が多すぎるというリスクを背負っています。
つまり、儲けというありえないところで詐欺のリスクにも遭う可能性がありますので、要注意となるかたちです。

それに反して国際貿易品目を同時においているところがあり、これは老舗と呼ばれる業者になります。

ここでは、ロスカットにおいても制限があったり、またFXと同時振興で世界株や他の地域の通貨を扱うことも可能になっています。

この発展途上国のFX通貨を扱えるという点では魅力的にはなりますが、実際は大きく変動しやすい相場ですので、リスクは大きく存在しています。

また、投機目的の大きなところでは、出金対策に不備が多いところがあり、投資した金額が国内に戻ってこないこともあります。

これによって、FX会社の信用度が測られる仕組みになっています。

海外FXのリスク

海外FXのリスクとは、やはり現金で保有しておきたい国内側からすると、送金手続きの煩雑な対応に参ってしまう点が大きくあります。

これは、出金できたとしても日本円に変換するということに手数料がかかってしまったり、海外送金の場合日本に戻すとしてもその作業性がわかりにくいという点があるのです。

これは海外FXではよくあるので、海外FXのものでも日本仕様のもので対応するしかありません。

そして、日本のFX口座であれば、日本円にて引き出すことは当然とされていますが、海外の場合であればそのまま本国でない通貨のまま保持をしたほうが無難という局面もありますので、海外FXで暮らしていこうという趣にはなりません。

つまり、たいへんな思いをして海外FXをやったとしても、日本で暮らすための日本円にチェンジしにくいというのが、やはり難点なのです。

海外FXを使うメリット

海外FXを使うメリットの画像

海外FXのメリット

海外FXのメリットとしては、メインとして国内のFXを使用するのであれば、まず良い点があります。

この良い点というのは、ロスカット値やレバレッジ幅をどのように活かすかという問題を含んでいます。

つまり国内で利益として出た金額を日本円で引き出すのは当然なのですが、その日本円をFXでチェンジした通貨をどのように扱うのかという問題をクリアしなければ、海外FXを使用するメリットはありません。

この仕組を大きく理解して、たとえ海外FXで利益が出たとしても、そのまま海外の通貨でさらに運用するほうが良いでしょう。
これはメリットとして扱う業者というタイプがいます。

国際貿易を扱う業者にとっては現地通貨で保持していたほうが良い局面がありますので、海外FXにはこの貿易品目を同時に扱っているタイプがあるのです。

一般向けではありませんが、大口取引の為替相場には向いています。

サブ使用としての役割

サブ仕様としての海外FXの使用法があります。
この使用法は、安全対策のためのホールド用として使うやり方です。

この仕様の限りにおいてはロスカット値がゼロに近いもので、操作していくかたちに向いています。つまり、安全な仕様としては国内のものを使用して、ホールドしておいて長期的な相場観を見極めたいときには、海外FXのままに通貨をキープしておくのです。

これによって、すぐにの利益がでませんが、実際のところはセーフティに運用できたというケースもあります。

ちょうど山場を越えてから戻った時に復帰しますので、メインのインターフェースでは短期的な使用法として利用し、海外の信用のおけるFXインターフェースで資産をキープしておくというやり方になります。

FXのメイン口座とサブ口座の使い分けでは、どのように資金移動をするかの問題点もあります。
この点では、大口の場合たしかに安全上の意味と手数料の観点から難しい移動にはなります。

その移動をうまくやるのであれば、もしくは移動せずに海外の通貨でそれを保ったままにしておくのであれば、メインFX口座とサブFX口座の両方を使い分けるのにはメリットがあるのです。

海外の通貨で直接取引をする貿易業者がそれに該当します。

悪徳業者に注意!優良な海外FX業者を見極めるポイント

悪徳業者に注意!優良な海外FX業者を見極めるポイントの画像

悪徳FXとは

悪徳FXというのは、出金体制が整っていない所となります。
出金体制というのは、各国間の現金の移動において、銀行間送金に滞りを見せる形になります。

この銀行間送金というのはFX業者が経由していないこともありますので、海外のFX業者は実は銀行との取引で面倒なことが多いとされます。

国内のFX業者は国内銀行とほぼ提携関係にあったりしますので、この心配はないのです。
ですので、信用のおける海外の銀行を探すのに面倒だったりします。

そして、FX業者が出金と指示しているユーザーに対し、口座の残高を支払わないという事態が海外のFX業者の不安定性と呼ばれています。

海外のFXのすべてがわるいというわけでもないのですが、実際は悪徳業者はどういったタイプか見分けることが重要なのです。

よく儲けをメインに押し出して半ば詐欺商法のように企んでいるものは、規制にあって潰される傾向にあるのですが、その潰されそうなところの儲け話に引っかかってはならないというのも重要なことです。

ゼロカットシステムを導入していても、信頼ある老舗のFX営業の場合もあるので端的な判断はできませんが、あくまで儲け話を装ってくるところは悪徳FX業者と断定的に見てよいでしょう。

優良FX業者の特徴

優良FX業者の場合は、サイトの作りがしっかりしているところや日本語対応の窓口をおいている点が信頼のおけるところになります。

実際に口座開設をする際にでも、日本語対応としてのメールや電話対応に相談してみるというのも良い調べ方です。

これによってサービスの質や、海外FXの基盤の強さを測ることができます。

調べるところはサイトの中での表示がうまくされているか、そして事業説明としてのFX業者の言い分が通るかどうかになります。

儲けの損益のことでは、ユーザーの責任になりますのでなんとも言えませんが、実際の送金・入金手続きの説明がフェアであるか、そして透明度が高いかどうかで判断しましょう。

そして、顧客の資金であるその金額をしっかり顧客のものとして認識しているかどうかも重要なチェック項目となります。

海外FX初心者におすすめする海外FX業者

海外FX初心者におすすめする海外FX業者のセクション画像

Land-FX

Land-FXの画像
Land-FXは公的な審査としてもクリアしている優良なFX業者になります。

ただし、アカウントしてもクリアしなくてはならない高い位置のライセンスになりますので、顧客を見るところもあるでしょう。

そして、貿易品目から株に至っても、充分に老舗といわれる堅牢な作りをしています。

日本人からするとわかりにくい画面があるかもしれませんが、日本語対応としての受付窓口もありますので、そこで口座開設などの仕組みを聞いてみましょう。

英国に基準をおいているところですが、充分に新興国にも対応していますので、その範囲内で通過取引が可能です。

送金手続きに関しては独自のラインをもっていますので、セットで組んでみましょう。

GEMFOREX

GEMFOREXの画像
GEMFOREXは日本仕様のものとして開発されています。

銀行はアジアにあり、サーバーは安定的に運用されています。
日本人が好むようなインターフェース画面を備えていますし、日本語での顧客対応もしっかり控えています。

そして、日本人対応となるように、国内から送金する仕組みにおいても窓口で聞いて見るようにしましょう。

サーバーの遷移としても良好とされます。

また、これからの審査基準を作り上げていくために基準クリアをはたしたGEMFOREXですので、今後の資産運用がどのあたりまで上がってくるかがポイントになります。

個人の責任としてのトレードですが、このような日本人向けとしての入出金の対応が良いのがメリットと呼べます。

Axioly

Axiolyの画像
これも日本基準のFX会社になります。
日本人にその対象となるように、日本の銀行口座を使用した利点が大きくあります。

入出金に関してタイムラグがある可能性はありますが、ここは審査クリアの基準値になります。
つまり、出金が駄目になったことは一度もないというお墨付きですので、国内のライセンスが強靭で入れない時には、このAxiolyを利用するのが良いでしょう。

ただし、メイン口座になれるかどうかは個人の判断力に任されますし、同時に運用するのであればメイン口座を別のFX業者のところで行うほうが良いとも思われます。

これは、口座資金を増やすという目的より、安定的に運用していくのが望ましい使用法となるでしょう。

海外FXでトレードをはじめよう

海外FXでトレードをはじめようの画像

海外FXをやる利点

海外FXをやる利点というのは、低レバレッジを利用したりロスカット値の大きな含みを利用する面が強調されるかもしれません。

ですが、これは同時に大きなリスクをはらんでいます。
ですので、儲けのリスクより大幅に担保となる資金を準備するほうが好ましくあります。

つまり、日本国内で上がった資金をFX通貨に置き直して、保管しておく方式になります。

そのために、国内の通貨の取引量が足らなくなった時に、海外のFXの資金から送金して国内で受け取る手法もあります。
これは同時に自分の名義のものになりますので、銀行経由としても信頼のおける海外の銀行口座があればできるでしょう。

また海外の口座のまま保持をしておいて、そのまま貿易品目を扱うという使用法も可能になります。

海外のFXは危険という意味がありますが、これは少ない証拠金でリスクありのことをするからになります。

ですので、ライセンスの強靭なところを選んで、大口としての使用法であれば、海外FXの有効活用の幅は見えてくるのです。

海外FXをはじめる

海外FXはそれぞれ日本の顧客向けに日本語による受付窓口をおいています。
そして、サイト内部においても、その申込手続きを日本語で組んでいる場合がありますので調べて申し込んでみましょう。

その申込基準としても、日本の厳しい審査よりは少し甘いところもありますので、そのレベルにおける取引が可能になります。
ライセンスの低すぎるところでは、資金に問題が生じる可能性もありますので要注意ください。

そして、資金を有効に活用するのであれば、手続きの煩雑になる海外との送金問題より、サブのインターフェースとしてFX通貨で自分自身の資産を保有しておくことも可能になります。

自身の周囲においては日本国内のメインであるFXインターフェースを利用して、その海外通貨に関しては保存の意味を込めて運用することも可能になります。

より長期的な観点から、相手国の通過状況を見極める点でも勉強になる手法になります。

そして、通貨自体のFXと同時に世界株を見ることもできますので、信頼のおける海外FX業者を探してみましょう。

最近では日本語表示が可能なところも増えていますので、要チェックになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です