【200%ボーナス】海外FX業者is6com

【200%ボーナス】海外FX業者is6comの画像

入金ボーナスが魅力の新業者is6com

入金ボーナスが魅力の新業者is6comのセクション画像

is6comの本社は、アフリカの東側にあるセシュール共和国にあります。

is6comはライセンス自体は取得していませんが、顧客資産を分別で管理しているFX業者です。

レバレッジは最大1,000倍で取引できる上に、入金ボーナスは非常に魅力的という声も多いです。

is6comはどのような業者か

セシュール共和国があるのは、アフリカの遥か東側です。
ケニア国の東側にはインド洋がありますが、東にずっと進むと自然が豊かな島々があって、そこはセシュール共和国の領地なのです。海岸や珊瑚礁などの自然が豊かで、自然保護区でもあります。

そのセシュール共和国の島の1つにis6comの本社があります。

この海外のFX業者ができたのは、つい最近です。is6comは2,016年に設立されていて、資本金は約22億円になります。

従業員は18名ですから、やや小規模な会社ではあります。

そしてis6comの場合、金融のライセンスは取得していません

海外FXの業者の場合、自国や海外のライセンスを取っている事が多いですが、is6comの場合は取っていないのです。

しかし顧客の資産は、is6comだけが全て保有している訳ではありません。
is6comの場合は、顧客の資産は分別管理しています。公式サイトでも、その点は明示されているのです。

ハイレバレッジの取引が可能でゼロカットシステムもある

ライセンスは取っていませんが、is6comはレバレッジは高めなFX業者になります。現時点で、最大レバレッジは1,000倍です。

海外FXの業者は、国内業者よりはレバレッジは高めではあります。数ある海外FX業者の中でも、is6comのレバレッジは非常に高い方です。他社では最大888倍ぐらいで、一般的には最大400倍が多いようです。

レバレッジが高めである以上、かなり大きなお金を動かすことができます。

またis6comでは、ゼロカットシステムも採用されています。

そもそも外貨のレートは、たまに大きく動く事があるのです。時には金融ショックなどが発生し、思わぬ損失が生じる事もあります。
そのような時は、他社では追証が発生してしまい、入金しない限りは大きな負債が生じてしまう事もあるのです。

ですが上記のような不測の事態が発生した時でも、is6comはマイナス分を補填してくれるシステムを採用しています。

そして入出金の方法ですが、入金方法は銀行振り込みかカードかbitwalletの3種類になります。
出金方法は、銀行送金とbitwalletです。

bitwalletを活用すれば、かなり速やかに入出金の手続きを済ませる事ができます。

ライセンスは取得していない半面、ゼロカットやハイレバレッジなどシステムは充実しているので、比較的ハイスペックなFX業者であるという声も多いです。
後述のボーナスも、かなり充実しています。

is6comのここがすごい!

is6comのここがすごい!のセクション画像
is6comには、色々なメリットがあります。

スタンダード口座であればボーナスに対応していますし、入出金も早いです。

しかも入金ボーナスが非常に充実していて、200%を誇っています。

また、問い合わせは日本人スタッフが対応してくれますので、とても安心です。

サポートが充実している

海外FXの業者を利用して取引するなら、公式サイトのサービスも活用する事になります。

海外FXの業者によっては、そのサイトの表記が英語になっている事もあるのです。英語表記ですと、言葉の壁の問題が浮上してくる事もあるでしょう。

しかしis6comの場合、公式サイトは日本語表記になります。is6comの場合、そのサイトの日本語表記も自然です。

日本語で表記してくれている海外FXの業者は、is6comの他にも沢山あります。しかし他社の場合、日本語表記が少々不自然な事もあるのです。

いかにも機械翻訳などを使ったような訳文になっていて、非常に読みづらいと感じられる事があります。その点、is6comは問題ありません。とても自然な日本語で書かれているからです。

日本語が自然なだけでなく、is6comは充実したサポートを受ける事もできます。

何か不明な点が出てきた時には、is6comのサポートに連絡すれば日本人スタッフがすぐに対応してくれるのです。is6comの場合、その対応もスピーディーです。

平日であれば24時間問い合わせを受け付けていますし、返信が来るのも早いです。早ければ、3分程度で返信が来る事もあります。

is6comの口座はスタンダードがおすすめ

is6comには3種類の口座があります。

マイクロ口座、スタンダード口座、プロ口座という3つの口座があります。

1つ目のマイクロ口座は少額投資が可能となっています。

マイクロ口座の場合は、最小0.05lotで取引する事ができます。
50通貨単位で取引できる訳ですが、他の口座は最小1,000通貨単位になるのです。

ローリスクの取引が可能なので、練習用口座として活用する事もできます。

ただし、最大レバレッジは1,000倍で取引できますが、マイクロはスプレッドが若干広いですし、キャンペーンには対応していません。

3つ目のプロ口座の場合は、スプレッドが一番狭い口座となっています。主にスキャルピングの取引で活用されている口座になります。

ただし、最大レバレッジは400倍に制限されてしまいます。

この3つの口座の中で一番おすすめなのは、スタンダード口座です。

スプレッドはプロ口座ほど狭くありませんが、最大レバレッジは1,000倍になりますし、後述のボーナスに対応しています。
ボーナスのメリットは非常に大きいので、スタンダードが一番おすすめという声も多いです。

入出金も非常に早い

is6comは、入出金もスピーディーです。

上記でも少々触れた通り、is6comの入金方法は3種類あって、出金方法も2つあります。

一番おすすめの入出金の方法は、bitwalletです。

銀行送金と違って、入出金の手数料はかかりません
また、入金完了まで数日も待たされる事はなく、基本的には即時で着金します。

ちなみにis6comの公式サイトでは、入出金は3~5営業日程度かかると明示されています。しかし、実際にはそこまで長い時間はかかりません。
たいてい即時に入出金が完了しますし、特にストレスなく送金する事ができます。

is6comの200%入金ボーナス

ところでis6comでは、入金ボーナスのキャンペーンも行っています。

is6comのキャンペーンは頻繁に行われていて、過去に行われていたキャンペーンは、100%でした。

100%というのは、入金額に対する数字です。
例えばis6comに30万円入金した時には、100%相当の30万円を受け取る事ができます。60万円入金した時は、受け取れるボーナス額は60万円といった具合です。

このキャンペーンは、2週間に1回ぐらいの頻度で開催されています。

そして現時点で開催されているキャンペーンは200%なのです。

つまり上記のように30万円入金した時は、60万円分のボーナスを受け取る事ができます。

実質的には、口座に預けている資金も90万円相当になるでしょう。資産額が3倍近い数字になるメリットは大きいです。

200%ボーナスの特徴とその主な注意点

しかも上記のボーナスは、受け取り回数の制約もありません。何回でもボーナスを受け取る事ができます。

他社では、そうでない事もあるのです。
同じようなキャンペーンが実施されているFX業者もありますが、入金回数は1回限りというケースも多々あります。しかしis6comの場合は、何回入金しても構いません。

ただし注意点もあって、ボーナスの上限額は100万円になります。

それと、ボーナスは誰もが受け取れる訳ではありません。基本的には抽選になるので、当選した人物のみボーナスを受け取る事ができます。

口座開設するだけで1万円分のボーナスを受け取れる

上記の他にも、is6comには口座開設ボーナスがあります。
このボーナスの場合、入金をする必要はありませんし、取引も不要です。

1~3万ボーナスによって内容は異なりますが、現時点では3万円分ものボーナスを受け取る事ができます。

ただ1つ注意点があって、ボーナスは現金ではありません。あくまでもトレード用のマネーであり、出金する事はできません。

しかし3万円という金額は、他社のFX業者よりも明らかに高いです。
資金を用意しなくても取引ができるので、とてもお得なボーナスである事だけは、間違いありません。

is6comの弱点

is6comの弱点のセクション画像

is6comはライセンスは取っていない

多くの海外FXの業者は、本社がある国のライセンスを取得しています。

そのライセンスがあるかどうかは、業者選びの基準になる事も多いです。ライセンスを取得している以上、第三者機関がFX業者を高く評価しているとも言えるからです。

ですが上記でも少々触れた通り、is6comはライセンスは取得していません。

金融ライセンスを取っていないだけに、信用面に関する不安が生じてしまう事はあるでしょう。それはis6comのデメリットの1つです。

ただ人によっては、ライセンスをあまり気にしていない事もあります。

入出金さえ確実に行ってくれるなら、ライセンスの有無はそれほど問題ではないという声もあります。短期的にトレードを行って、すぐに出金してしまえば良いからです。

スプレッドは若干広いis6com

FXの業者を比較する時のポイントの1つに、スプレッド(手数料)があります。

スプレッドが広いかどうかを基準に、業者を選んでいる方も少なくありません。
確かに短期売買で取引するなら、手数料は決して軽視できません。

例えば、1回につき100円ぐらいの手数料がかかる場合、1年間に100回近く取引すると、手数料の年間総額は1万円になるからです。

たとえ100円の差でも軽視できないので、スプレッドが狭い業者かどうかを確認している方も多いです。

is6comのスプレッドは、決して狭い方ではありません。
このFX業者はドル円で取引する事はできますが、平均スプレッドは1.6pipsとなっています。1.6という数字は、他社よりも広い方になります。

スプレッドが狭い業者ですと、ドル円は1.2pisになっている事が多いので、is6comの手数料はやや高めな業者です。

出金する時の手数料が高い

is6comは、出金する時には手数料はかかります。

月に1回のみ無料になり、2回目以降は有料になってしまうのは、is6comのデメリットの1つです。

具体的にどれぐらいの手数料になるかというと、2%です。
2%とは、出金する金額に対する割合になります。100万円出金する時には、2万円を支払わなければなりません。

ちなみに20万円以下で出金する時は、is6comは約4,500円になります。
厳密には45ドルの手数料を支払う事になるので、為替レートの数字に左右されます。

しかも海外銀行から送金する場合は、別途で手数料がかかってしまう事もあるのです。

上記の手数料は、他社と比べると少々高い方です。

そもそも日本国内のFX業者の場合、出金手数料は完全無料になっている事が多いです。
まして「初回1回のみ無料」という国内業者は、ほぼ皆無です。「最初の5回のみ無料」という業者は沢山ありますが、1回だけ無料になる国内業者はありません。

ですからis6comの場合は、あまり頻繁に出金するのはおすすめできません。

ただし入金手数料は、その限りではありません。bitwalletで入金する分には、一律無料になるからです。

大きな枚数で取引する時はサポートへの連絡が必要

またis6comは、やや特殊なルールを採用しています。

is6comで10lot以上のポジションを保有する時には、必ずサポートに連絡しなければなりません。この点は、他社のFX業者とは大きく異なります。

もし、10lot以上で取引する時にis6comに連絡をしないと、口座凍結になってしまう事もあるのです。

他社のFX業者ですと、比較的大きな枚数で取引する時でも、サポートへの連絡が不要なケースが多いです。

わざわざ問い合わせする必要があるのも、is6comのデメリットの1つです。

まとめ

まとめのセクション画像

is6comには数点のデメリットあるものの、かなりハイレバレッジで取引できますし、何よりもボーナスは魅力的です。

200%ものボーナスを受け取れる海外FXの業者は、殆ど見かけません。

入出金もスピーディーですし、ボーナスを活用しつつis6comで取引してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です