【人気No,1】海外FX業者XM

【人気No,1】海外FX業者XMの画像

XMが人気の理由

XMが人気の理由のセクション画像

XMは老舗の人気ブローカー

FXが一般の人達にも利用されるようになってから多くの海外ブローカーが日本に進出をしてきましたが、10年レベルで運営を続けている会社は数えるほどしかありません。

その中でも圧倒的な人気を誇り、利用者の信頼を勝ち取っているのがXMです。

競合他社が利用者と様々なトラブルを起こしたり撤退を余儀なくされる中、これといったトラブルを起こすことも無く、地道に顧客を増やしてきました。

XMは2009年に創業し、今年で10年目になる老舗のブローカーです。
本社は地中海東部に位置している島国のキプロスにあります。

海外の業者となると、その運営方法や信頼性が把握しにくく胡散臭いといった先入観を持たれがちですが、XMは健全に運営をしている証としてキプロス証券取引委員会のライセンスを取得しています。

会社はキプロス本社の他、イギリス、オーストラリア、セーシェル共和国にありますが、そのいずれの会社においてもきちんとライセンスを取得。
日本向けの運営をしているセーシェルの会社も、セーシェル金融庁の金融ライセンスをしっかりと取得しています。

自分たちがクリーンな運営をしていることを証明していることが、信頼性を高めている理由の1つではないでしょうか。

XMが人気な理由

XMが海外ブローカーの中でも飛びぬけた人気を誇っている理由はいくつかあります。

具体的な例を一部だけ挙げると以下の通り。

  • 新規口座開設ボーナスをはじめとした様々なボーナスがある
  • 最大レバレッジ888倍
  • 500円からの小額投資ができる
  • ゼロカットシステムの採用
  • 安心の完全日本語対応サポート

このように、一部の具体例だけでも大変魅力的なサービスとなっています。

また、日本国内の業者では利用ができなかったMT4の採用をしたのも人気を得た大きな理由です。
MT4のカスタマイズ性や操作性は、国内業者が提供するサービスでは再現することができないメリットが数多くあります。

しかしながら、XMの人気が決定的となったのは出金のスムーズさにあります。

多くの海外業者が出金拒否などのトラブルを連発したために、一時は海外ブローカーの信頼が落ちてしまったのですが、XMだけは顧客の注文に対し真摯に応えて出金をしています。

実際、インターネットにはXMの出金拒否でトラブルになったという口コミや噂はありません。一部にそれらしい書き込みはたまに見かけるものの、出金の仕方が間違っているだけで、依頼者側に問題のあるものばかりです。

以上のようにXMの人気が高い理由は、長年にわたって積み重ねてきた信頼と実績があるからです。

また、サービスにはどれも悪いものは無く、クオリティーの高いものを提供していることも人気の理由となっています。

もしも海外FXを検討しているのであれば、信頼性の高いXMから始めてみるのがベストだと思います。

XMのここがすごい!

XMのここがすごい!のセクション画像

口座開設だけで3,000円分のボーナスが貰える

XMのメリットはまず、口座開設ボーナスとして3,000円分のボーナスが貰えることでしょう。

口座開設ボーナスは口座を開設するとすぐに付与されるので、入金ゼロでそのままトレードをすることが可能です。

もしもボーナスポイントで利益を出した場合は、その利益をそのまま出金できます。注意したいのは、出金してしまうとボーナスポイントが消失してしまうことです。

どうせ出金するのであれば、まとまった利益になってからがお得です。

100%入金ボーナスが貰える

XMでは口座開設後の入金でも、100%入金ボーナスを受け取れます。

100%入金ボーナスは、入金をすると入金額と同等のボーナスポイントが付与される仕組みです。

例えば1万円を口座に入金すると、1万円分のボーナスポイントが付与されます。
ボーナスポイントは現金と同様の使い方ができるので、実質的に2万円の資金でトレードができることになります。

100%入金ボーナスは、累計5万円までの入金に適用されます。それ以降は累計50万円までの入金に対して20%入金ボーナスが付与されます。

暫くの間は入金ボーナスと合わせてトレードができるので、とても心強いと思います。

トレードで貰えるXMP

XMには口座開設ボーナス、入金ボーナスの他に、XMロイヤルティプログラムというポイント還元サービスがあります。

このプログラムは、トレードをするとXMポイント(XMP)が貰える仕組みになっています。
トレードをすればするほどXMPが貯まり、貯まったXMPはトレードで利用できるボーナスクレジットか、現金に交換することができます。

このプログラムの面白いところは、グレード制になっていることです。
グレードは、Executive・Gold・Diamond・Eliteの4種。

最初はExecutiveからスタートして、取引期間に応じてグレードアップしていきます。

最初のExecutiveでは貰えるXMPが1ロット(10万通貨)あたり10XMPだったのに対し、Eliteになると、1ロットあたり20XMPも貰えるようになります。

XMの取引期間が長くなれば自動的にグレードアップしていくので、貰えるXMPも自然と多くなっていきます。

XMPはこまめに交換するよりも、まとめて交換した方がお得です。

このように、口座開設ボーナス・入金ボーナス・XMPという3段階のボーナスが貰えるので、XMは他社を寄せ付けないほどの人気となっているのです。

レバレッジは驚異の888倍

国内業者では法律によって25倍までのレバレッジに規制されていますが、XMでは最大で888倍ものレバレッジを効かせることが可能です。

更に、たとえ証拠金以上に損失が発生したとしても、追証なしのゼロカットシステムを採用しているので、口座残高がマイナスになっても追加入金の必要がありません。

なお、レバレッジは公式ホームページで倍率制限を設定できますので、あまりリスクを取りたくない人でもレバレッジの上限を変更してトレードすることができます。

少ない資金でトレードが可能

XMでは500円からの小額トレードができるメリットがあります。

先述した口座開設ボーナス、100%入金ボーナスと合わせれば、500円の入金で4,000円分トレードが可能です。

資金に余裕が無い、トレードの練習をしたい、XMの使い勝手を試したいと思っている人達でも、低リスクでリアルトレードができます。

たとえトレードで失敗しても500円ですから、利用料金と考えれば安いものではないでしょうか。

MT4で自由度の高いトレードができる

XMならば数多くのテクニカルツールが搭載された利便性の高いMT4が使えます。

MT4最大の魅力は、世界中のトレーダーが作成したインジケーターを自分のMT4に取り込んでチャート上で利用できることです。

自分で作成したインジケーターも問題なく使えますから、MT4を使えない業者よりも高度な分析が可能になります。
もちろん人気の高いEAも使えるので自動売買もOKです。

また、MT4はダウンロードした物以外にブラウザ版やスマートフォン・タブレットなどでも利用が可能です。

約定率が高いので安心

XMの約定率はとても高く、約定力もあります。
約定拒否やスリッページの発生は殆ど無いと言っても良いでしょう。

ただし、経済指標の発表時や要人発言などの突発的な要因による急変動が起こった時は例外なので注意してトレードしてください。

安心の日本語サポート

XMは日本向けのサービスを提供しているので、困った時のサポートは全て日本語対応

この対応が可能な理由は、XMのサポートスタッフが日本人だからです。

全ての質問に日本語で答えてくれるので、当然ながら英語を覚える必要は一切ありません。
問い合わせ方法はライブチャットやメールがあり、メールの場合でも日本語で質問してOKです。

XMのサポートは親切丁寧と昔から評判が高いので、安心して利用してください。

このように、XMには数多くのメリットがあります。
ここで紹介したサービスを使わないでいるのはもったいないので、是非とも全てのサービスをフル活用して快適なトレードをして欲しいと思います。

XMの弱点

XMの弱点のセクション画像

XMには数多くのメリットがありますが、当然デメリットもいくつかあります。

XMの良いところだけを紹介し続けるのはフェアではないと思いますので、ここではXMのデメリットについて紹介をしてきたいと思います。

スプレッドが広い

国内業者もそうですが、海外業者と比較してもスプレッドが若干広めとなっています。

デイトレードをする人や中・長期のトレードをする人にとっては全く気にならない広さだとは思いますが、スキャルピングトレーダーにとっては中々に辛いものがあるかもしれません。

もしもスキャルピングで利益を上げていこうとするのであれば、それなりの優位性を持った取引戦略が無いといけないのではないかと思います。

ただ、先ほども書いたようにデイトレード以上で取引をする人達にとっては全く問題はありません。

たまに回線不通になる

これはXMに限ったことではないのでデメリットとして扱うのは正しくないかもしれません。
ただ、XMでも回線不通はたまに起こる現象です。

特に、重要な経済指標の発表直後はアクセスが集中するためか、回線不通になる頻度が他の時よりも若干多い気がします。

殆どの場合はすぐに回復しますが、暫く繋がらなく時もあります。

対策としては、アクセスが集中しそうな時にトレードを控えることです。
たとえトレードをするとしても、小さな取引に留めておくのが安全だと思います。

利益を上げた後の税金が辛い

XMは海外業者ということもあって、税金のかかり方が国内業者の場合とは異なります。

国内業者の場合は申告分離課税なので、どれだけ稼いでも税率は20.315%しかかかりません。
しかし、XMは海外業者なので、総合課税が適用されます。

総合課税の場合は、330万円以下までの利益であれば20%の税率で済みますが、それ以上の利益を上げると最大で約55%の税率(住民税含む)となってしまいます。

これを踏まえると、330万円までなら海外業者でも問題なさそうです。

それ以上の場合はどうするかは個人で判断してください。

XMのデメリットをいくつか紹介してみました。この中でXMの弱点とハッキリと言えるのはスプレッドくらいでしょうか。

ただ、某掲示板を見ていると、XMでスキャルピングトレードをしている人もいるようなので、実際にはあまり問題は無いのかもしれません。

その辺りが気になる人は、3,000円の口座開設ボーナスで試してみると良いと思います。

XMでハイレバトレードしよう!

XMでハイレバトレードしよう!のセクション画像
XMが人気の理由とメリット・デメリットについてまとめてみました。

全体を通して客観的に判断してみると、XMはやはりメリットが大きいブローカーになっています。

国内業者を利用してトレードをするのも悪くは無いと思いますが、最大でもレバレッジが25倍しかかけられないのは取引の可能性を制限してしまっていると感じます。

ハイレバは悪か?

ハイレバレッジ(以下ハイレバ)でのトレードは、一般的に良くない事とされています。
しかし、それが絶対悪い物であるとは断言できないのではないでしょうか。

確かにハイレバトレードは大きなリターンが期待できると同時に、大きなリスクも付きまといます。

ですが、よく考えてみればハイリスクなトレードとなるのは、損切りをしない場合だけだと分かります。

トレードをする前に何処で損切りをするのかをまず決め、注文時に逆指値を設定しておけばリスクを限定することができます。そして、限定された損失よりも利益を出して行けば、退場するような負け方はしないはずです。

つまり、ハイレバが悪なのでは無くて損切りをしないのが悪いだけなのです。

XMの魅力はハイレバトレード

XMでは最大で888倍のレバレッジを効かせることができます。

レバレッジを効かせるということは「大きな資金を動かせる」という意味だけではなく、「個別のポジションを保有できる」といった意味もあります。

つまり、様々な通貨ペアを同時に取引することで、戦略の幅を広げることができるようになります。
リスク管理をした上で色々なパターンの戦略が組めれば、優位性のあるトレードも実現できる可能性が高まるでしょう。

どうしても不安な場合は、少額の資金で始められるという利点を活かして少ない金額から始めてみると良いでしょう。

無謀なトレードさえしないように心がけていれば、ハイレバトレードも無茶なトレードではありません。そして、優位性のあるトレードを続けて行けば、資産も効率的に増やしていけると思います。

もしもXMでトレードをしようと検討しているのであれば、ここで取り上げたサービスを十分に活かして、質の高いトレードをして欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です